大きな事業を目指したいならベンチャーキャピタルに挑戦してみよう

エンジェル投資家は自分が困った時に、手を差し伸べてくれる可能性がありますが、一般的に受けられる出資金は数十万円〜数百万円、場合によっても1000万円程度ではないでしょうか。

そんな金額じゃ大きなビジネスができない?

そう考えている方は、もっと大きな金額を受けられるチャンスがある、ベンチャーキャピタルを利用してみましょう。

ベンチャーキャピタルの基本情報

ベンチャーキャピタルというのは、エンジェル投資家に近い概念ですが、その事業規模や審査の厳しさに違いがあります。

一般的に、ベンチャーキャピタルはエンジェル投資家より出資金が多く受けられ、また審査は厳しい傾向にあります。

そして、それに比例して出資を受けられるまでの期間も比較的長いですね。

なので、あまり短距離走には向きませんが、中長期的に自分のビジネスを大きくしていきたい!という人にとってはオススメできる資金調達手法です。

自分の資金を供給して、保有している経営のノウハウやネットワーク、すなわちコネを受けられるのも大きなミリョ喜雨だと思います。

ビジネスアドバイスを受けられるメリットあり

ベンチャーキャピタルはエンジェル投資家と一緒で、ビジネスを起業家と一緒に二人三脚で進めていく色が強いです。

企業の成長段階で受けられる資金調達額は異なってきますが、基本的なスタンスは同じと思って頂いて構いません。

ベンチャーキャピタルの目的とは?

それでは逆の視点で、ベンチャーキャピタルにはどのような目的を元に作られているのでしょうか?

それを考える事で、起業家からみて、投資家がどのように考えているかを考察する事ができます。

何事も、逆の立場から物事を考えるのは重要な事です。

結論をいうと、ベンチャーキャピタルは下記の目的の元、ビジネスが展開されています。

  • 出資した企業が他の会社に事業を売却した時に発生する売却した時の利益
  • 出資した企業が株式に上場した時に発生する第三者割当増資による利益

これらを目的に、ベンチャーキャピタルは自分のビジネスを一緒になって成長させてくれるわけです。

そう、端的にいうとそれはお金儲けですね。

なんだ、結局お金かよ、て思った方は甘いです。

ビジネスの世界は所詮はお金を中心に回っているわけです。

それをお金を目的じゃなくて社会をよくするために一緒に頑張りましょう、と言っても多くの方は耳を貸さないでしょう。「

ベンチャーキャピタルの目安

ベンチャーキャピタルは、ある程度目安の大きくする規模を考えています。

概ね、数倍〜10倍のが相場だと思います。

もちろん、孫正義社長がジャックマーのアリババを買ったみたいに数百倍のような桁違いの成功事例もありますが、あれはほとんど神話みたいなものなので笑

多くのベンチャーキャピタルは、この辺りの現実的な倍率の利益を狙ってビジネスを展開している、という事は頭に入れておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする