【3分でわかる】エンジェル投資家から出資を受けるメリットデメリット

今まではエンジェル投資家がどういうものかだったり、他の国のエンジェル投資家事情など、幅広く一般的な知識について紹介してきました。

ここではもう少し踏み込んで、いったいエンジェル投資家というのはどういうメリットがあるの?逆にデメリットには何があるの?という点について紹介していきましょう。

## エンジェル投資家のメリット

エンジェル投資家から投資を受けるメリットについては、もうこれに付きます。

それは、金利や担保が不要なこと。

エンジェル投資家からは出資を受ける際に、これらを求められることはありません。
その代わりに株式を割り当てているのが、このエンジェル投資家の仕組みなんです。

そんなうまい話があるのか?と思う方もいるかもしれませんね。

だって、株式って言っても所詮はただの紙切れなんですから。

でも、我々が現金を扱うのと一緒で、結局なんの価値もない紙切れに保証を付けて、「この紙には1万円の価値がありますよ、私が保証します!」といって1万円札を配っているのと仕組みは一緒なんです。

ということで、株式も単なる紙切れなのですがそれをみんなが欲しがれば、必然的にその価値は上がっていくんです。

また、他のメリットとしては、出資者がメンターになってくれることです。

メンターとは、精神的なサポートや育成までをトータル的にサポートしてくれる、お父さんみたいな存在です。

やっぱり、大黒柱のお父さんがいてくれるだけで心強いですよね!

エンジェル投資家のデメリット

それでは逆に、エンジェル投資家にはどのようなデメリットがあるのでしょうか?

デメリットの1つとしては、審査に時間がかかる事が挙げられるでしょう。

場合によっては、数ヶ月、1年、さらには数年かかってしまう場合もあるでしょう。

なぜこんなに時間がかかるのでしょうか?

それは、やはりそのビジネスの将来性や製品の成熟性を見極めるのに、どうしても慎重にならざるをえないという現実があるためです。

いきなり目の前の製品やサービスを見て、これからはこれがくるから、1000万円出資しよう!なんて即答できる人はそうそういないでしょう。

ということで、エンジェル投資家をお願いする場合は時間がかかることは覚悟しておきましょう。

もう1つ、エンジェル投資家のデメリットとしては、今までも散々書いていますがエンジェル投資家の影響力が大きすぎる事が挙げられます。

先ほども言った通りエンジェル投資家はお父さんのような存在なので、そのお父さんのパワーが大きすぎると、やはり大黒柱の役割は奪われてしまいかねません。

そうなるとどうなるかというと、お父さんが比較的まともで冷静な判断ができている間は問題ないと思いますが、そうではなくて暴走してしまった時は、誰も止められる人はいなくなるでしょう。

そうなると、その会社の将来はもはやありません。

中には会社経営まで本気で突っ込んでくる方もいるので、十分に注意しましょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする